セカンドビジネス.com【リスク無しの輸入と輸出】

※年間数千の輸入品や輸出品の副業をやっている男が、いろいろと赤裸々に語ってみる|ω・)※

物販研究

輸入した製品の販売先は?

投稿日:

「あまぞん」の画像検索結果Amazonで販売

Amazonは日本市場だけでも売上高一兆円を超える
超巨大ECサイトです。

恐らくあなたも一度はAmazonで製品を購入した事があるはずです。
そんなとてつもない売上を誇るAmazonに
個人でも出品する事が可能です。

大きく分けて出品形態は2つに分かれます。

大口出品

*売上を最大化したい人におすすめの出品形態です。
月額が毎月4900円発生します。

オリジナル製品を出品出来たり、Amazonが提供してくれる
データ分析レポートを閲覧する事が出来ます。
その他にも1000品以上の製品もまとめて出品可能な
サービスがあったり自由度が高い出品形態です。

Amazon無在庫輸入には、適したプラットフォームになります。

小口出品

小口出品は1点注文ごとに100円の基本成約料が
発生します。既存の製品ページがあるものにしか
出品が出来ず制限が多い形態ですが月額が
発生しないメリットもあります。

Amazonの販売手数料について

Amazonは販売した製品のカテゴリーに応じた
販売手数料が発生します。

Amazonの販売手数料は他のどのECサイトよりも高く、
おおよそ15%が主流になります。

tesu

出典:Amazon

しかしこの高額な販売手数料に余りある程の
集客力を持っているのがAmazonです。
特にボーナス時期、年末商戦、年度初めなどは
ものすごい勢いで製品は売れていきます。

FBA納品について

Amazonのプラットフォームを使う最大の
魅力はなんと言ってもこのFBA納品です
FBA納品とはAmazonの自社倉庫にあなたが
販売したい製品を納品すれば,
あとはAmazonのスタッフが出品から
発送、在庫管理まで一括でおこなってくれる
他社には無い優れたサービスです。

製品が売れて自分で出荷する場合、
その梱包作業が手間になります。
特に副業でネットビジネスを行うサラリーマンに
とっては非常に骨の折れる作業です。

ですのでこのFBA納品を使用する事によって
製品の仕入れに集中する事が出来るので
非常に人気の高いサービスです。

事実、ネットビジネスにおいて、お金を稼げるどうかの
ポイントはリサーチで決まります。

いくら梱包が上手くなったからと言ってお金は増えません。
いかに無駄を省いて利益を上げるポイントに集中するかを
考えるのも大切な考え方です。

ちなみに現在ではこのFBAの納品でさえも代行してくれる
民間業者がありますが、まずは自分で流れを抑える為にも自分でやってみましょう。

-物販研究

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

輸入ビジネスで売れる商品の特徴とパターンとは?

何の経験もない初心者がちゃんと利益を出せるのだろうか? 何を売ったらいいかわからないけど大丈夫? 赤字や売れ残りの不安がある そう思われるのは当然です。 輸入ビジネスは難しくありません。誰にでもできま …

資金繰りを効率よくする方法

今日はクレジットカードを使って、資金を効率よく回転させる方法について 解説したいと思います。   商品を仕入れて販売するには、最初に仕入れの資金が必要になります。 しかし、最初からまとまった …

ヤフオクで販売

日本最大級のオークションサイトのヤフオク 2106年10月31日を持って、 楽天オークションが終了するので今後の 日本のオークションサイトは 実質ヤフオクのみと言う事になります。 ちなみに出品する為に …

集客は媒体に任せよう!

集客の必要がなく、即金性が高い 個人輸入ビジネスでは主に「ヤフオク」と「Amazon」を利用して商品を販売します。 お客様相手のビジネスをしようとして問題になるのは「集客」です。   飲食店 …

Google画像検索を利用したリサーチ方法

このコンテンツでは、Google chrome の画像検索機能を利用した 中国輸入商品のリサーチ方法を解説していきます。   日本で販売されている中国輸入商品を タオバオやアリババなどの中国 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。