セカンドビジネス.com【リスク無しの輸入と輸出】

※年間数千の輸入品や輸出品の副業をやっている男が、いろいろと赤裸々に語ってみる|ω・)※

物販研究

仕入れで重要なポイントとは?

投稿日:

「ノマドするのに必要なノートPCや充電器一式ノマドするのに必要なノートPCや充電器一式」のフリー写真素材を拡大
仕入れで重要なポイントは
需要と供給のバランスが崩れている市場を狙う事が
重要です。

例えば有名アーティストのコンサートチケットが
オークションなどで高値で取り引きされているのは
この重要と供給のバランスが崩れているからです。

お客様

「確かに私の大好きな嵐のコンサートチケットも定価の2倍以上の価格で取り引きされていました。人は欲しいものには沢山お金を支払ってでも買いたいと思うんですね」

 

セラー

「その通りです。この状態はまさしく需要と供給のバランスが崩れた状態と言っても良いでしょう。輸入ビジネスの場合、需要と供給のバランスが崩れた状態とは、日本で販売されていない商品や、日本では高額だけど海外では安い製品がこれに該当します。」

 

需要と供給バランスの崩れた状態、
これは無在庫輸入ビジネス成功の鍵を握ったキーワードです。

最初のうちは自分が得意なジャンルを攻めていくのも
良いでしょう。得意なジャンルの方が輸入品を
探していても楽しいでしょうし、利益が出る商品が
見つかる可能性も高いです。

  • 需要と供給のバランスが崩れた市場を狙う
  • 得意なジャンルを探す

市場の相場の変動や傾向を観察する

あなたが参入する市場によって相場や傾向は
ガラッと変わります。

例えばアパレル製品の場合、ダウンジャケットは
冬に売れても夏には売れ行きが激減して価格も
下がる傾向にあります。

逆に季節による影響が少ない商品は価格変動が
少ない傾向にあります。

価格変動が大きい市場として
ライバルが多い市場は価格変動が起きやすい市場です。

なぜなら同じ商品を複数の出品者が扱っている場合、
他のライバル全員が、
自分の商品を沢山売りたいと考えます。

そうなると必ず値下げ合戦になってしまう訳です。

しかし値下げで勝ち残れるのは
資金力を持ったセラーだけです。

ですのでライバルが多い市場は個人の
無在庫輸入ビジネスプレーヤーが狙うべき市場ではありません。
必ずと言っていいほど飽和が起きます。

実は私も最初の頃にこの飽和に巻き込まれた一人です。

数百円で仕入れた商品が5000円で売れたり、
高い時では10000円近くの値が付いた事があり、
これはいけると思い大量に仕入れた結果、
ほぼ同じタイミングでライバルが多数参入して、
原価ほどの値段でしか売れなかった苦い経験が
あります。

もちろんこの仕入れのタイミングや、
追加でどれくらい輸入するかの判断は
輸入ビジネス経験者でも難しいです。

仕入れた製品が100%黒字になる無在庫輸入ビジネスプレーヤーはいません。

しかしこの私のケースの場合、比較的余地が簡単です。

①安い商品なのでそこまで赤字が怖くない。
②誰でも簡単に仕入れる事が出来る。

こういった理由からライバルの参入を
簡単に許してしまった訳です。

ですのであなたがもし輸入ビジネスで
儲かる商品を見つけた場合は
最初のうちは単純に
商品を仕入れて⇒商品を仕入れて売る
この繰り返しでも構わないです。

段々なれてきたら、
いかに長く売るかを考えると
無在庫輸入ビジネスは楽になっていきますよ。

  • 飽和に注意する
  • 慣れてきたら、いかに長く売るか考える

-物販研究

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Amazon】モノレートの見方と使い方

今日はAmazonでの商品リサーチに必要不可欠な「モノレート」の 見方と使い方について詳しく解説をしていきます。   Amazonで多種多様な商品を販売していく上で、 売れる商品をしっかりと …

【Amazon輸入ビジネス】おすすめの便利なツール

Amazon輸入ビジネスで活用できるツールは有料・無料含めたくさんあります。 作業時間の短縮化、効率化のツール 作業を自動で代行してくれるツール データ抽出・分析してくれるツール どれもうまく使えばと …

輸入ビジネスで売れる商品の特徴とパターンとは?

何の経験もない初心者がちゃんと利益を出せるのだろうか? 何を売ったらいいかわからないけど大丈夫? 赤字や売れ残りの不安がある そう思われるのは当然です。 輸入ビジネスは難しくありません。誰にでもできま …

輸入ビジネスは稼げない?リサーチを実際をしてみよう!

欧米輸入は儲からない? 欧米輸入で儲からないと言われている原因が 大手がいるから儲からないというご意見をよく耳にします。 大手には資金力があるから価格で対抗出来ない。 確かにそうです。価格で対抗しよう …

no image

【輸入ビジネス】ローズウッド輸入規制

今まで輸入可能だったローズウッドが、輸入規制対象になってしまいました。 楽器に主に使われており、日本にもローズウッドを使用した楽器の愛用者がいると思います。 私もよく販売していたので、ニーズが確実にあ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。