セカンドビジネス.com【リスク無しの輸入と輸出】

※年間数千の輸入品や輸出品の副業をやっている男が、いろいろと赤裸々に語ってみる|ω・)※

輸入ビジネス

大型商品は売れやすい、、、、

投稿日:

こんなものが販売されたという声がありました。

https://www.amazon.com/Kettler-Outdoor-Table-Tennis-Accessory/dp/B00WHQEURE

これは、、、、

学校とかでよく見た卓球台です。

大きいですよね。

「Weight: 130 pounds.」となっています。

キログラムにすると、、、、約59kgです。

重いです。

でも思い起こしてみると、学生の時に2人がかりで設置した記憶があります。

59kgは一人では運べませんよね。

こういった商品の輸入にはとても注意が必要です。

重さだけではなく、体積計算になることがあります。

この意外と知られていない体積計算

容積重量(kg)=縦(cm)×横(cm)×高さ(cm)÷5,000(㎤/kg)
(端数は0.5kg単位に切り上げ)

例: 寸法60cm×45cm×35cm、実重量12kgの荷物の場合、容積重量は、60×45×35÷5,000=18.9kgとなります。
料金は、容積重量をもとに19kgで算出します。

重たい方が優先されるこの体積計算では、実重量12kgかと思っていた商品が

19kgとして計算されることになります。

卓球台ともなれば、尚更です。

意外と知らない人が多いこの体積計算、注意してくださいね。

-輸入ビジネス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【輸入ビジネス】海外発送の仕組み化

日本で売れるのに、海外から仕入れられない。 そんな商品がゴロゴロあります。 仕入れられない理由は、日本へ発送していないというだけです。 このまま指をくわえて、稼げる商品を逃すのはもったいない、 という …

【Amazon輸入】外注化する時に必要な事

Amazon輸入は事務作業が多いので、事業規模が大きくなってくると必然的にやることが多くなってきます。 これは当然仕方のないことなのですが、その事務作業で疲れてしまって集中力が切れてしまい、本来時間や …

【Amazon輸入】Amazon規約は常に変わる

Amazonで販売してる限り、Amazonの規約は絶対になります。 基本的にAmazonで販売している以上、ルールが変わればそのルールに従わなければなりません。 Amazon的には「それが嫌なら自分で …

【輸入ビジネス】日本でいながら海外製品を手に入れる

海外の商品は日本でとても人気があります。というよりも日常にあふれかえっています。 海外ブランドの商品を誰もが持ち、自宅には海外メーカーの商品がたくさんあるはずです。 100円ショップの商品もすべて中国 …

【Amazon輸入ビジネス】おすすめの便利なツール

Amazon輸入ビジネスで活用できるツールは有料・無料含めたくさんあります。 作業時間の短縮化、効率化のツール 作業を自動で代行してくれるツール データ抽出・分析してくれるツール どれもうまく使えばと …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。