セカンドビジネス.com【リスク無しの輸入と輸出】

※年間数千の輸入品や輸出品の副業をやっている男が、いろいろと赤裸々に語ってみる|ω・)※

物販研究

【輸入ビジネス】偽物サイトの見分け方

投稿日:

「上と下だけ1万円札を使った富豪パフォーマンス上と下だけ1万円札を使った富豪パフォーマンス」のフリー写真素材を拡大
海外のオンラインショップには、世界最大級のオークションサイトであるeBayにもない、
膨大な量の「売れる商品」が販売されています。

中には、日本人から見たら超お宝商品が普通に売っていることもあります。

そんな海外のオンラインショップですが、
最大のデメリットが、全てのショップが良いお店ではないということです。

平気で偽物を売っているところもありますし、詐欺ショップもあります。

そんなショップをかいくぐり、ちゃんとしたお店を見つけることさえできれば、
輸入ビジネスをする者にとってはチャンスですね。

ただ、残念ながら偽物ショップを100%見極める方法はありません。

それでも、いくつかフィルターをかけることで、大きく予防できることは確かなので、
できるだけ事前に、自分たちでお店を調査していきましょう。

まず、下記の項目をチェックしましょう。

・フリーのメールアドレスを使用していないこと
・サイトの所在が記載してあること
・電話番号が記載してあること

サイトの所在は、実際の店舗がやっているオンラインショップであれば、
Googleストリートビューでチェックしてみましょう。

そして、次にサイトの運営履歴を調べてください。
詐欺サイトは、1年未満の運営であることが多いです。

サイトの運営歴はこちらのサイト内に、ショップのURLを打ち込んでで確認できます。
Archive.org
http://www.archive.org/index.php

また、海外のレビューサイトにショップ情報があるか確認してください。
よくない内容が書かれていたらそのお店はパスです。

以下のようなレビューサイトがあります。

Trustpilot.com
http://www.trustpilot.com/

Resellerratings.com
http://www.resellerratings.com/

あとは、実際にメールにて問い合わせをしてみて、
返信の早さ、内容などを確認しましょう。

以下のサイトは登録制になっているので、
こちらで表示されるショップは、比較的大丈夫なところが多いです。

Googleショッピング
http://www.google.com/shopping

ショップスタイル
http://www.shopstyle.com/

だいたいできるのはこれくらいになってしまうので、
あとは、実際に買ってみるしかわかりません。

無理して海外のオンラインショップを開拓しなくても、
まずはできるところからでも、輸入ビジネスは大丈夫ですので。

-物販研究

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

円安になった場合の輸入ビジネスはどうなる?

気が付けば急激な円安で驚いている人もいるのではないでしょうか? 輸入ビジネスをしていると、円安の影響をモロに受けてしまいます。 ですが、それも一時の間で、少しすればまた売上は落ち着いてきています。 急 …

輸入ビジネスで売れる商品の特徴とパターンとは?

何の経験もない初心者がちゃんと利益を出せるのだろうか? 何を売ったらいいかわからないけど大丈夫? 赤字や売れ残りの不安がある そう思われるのは当然です。 輸入ビジネスは難しくありません。誰にでもできま …

英語が全く出来なくても大丈夫

英語に自信が無くても大丈夫 以前も記事にさせて頂きましたが、この質問は何度も聞かれるので、再度記事を書いております。 「輸入」と聞くと、やはり語学力(英語)の心配をされる方は非常に多いと思います。 で …

時間の確保

もし輸無在庫入ビジネスで成果をあげたいのであれば、 時間をしっかり確保して取り組む必要があります。 よくネット業界では『寝ているだけでOK』 『簡単ポチポチで100万円』などの煽り文句が 多数あります …

商品詳細ページ(ASIN)の新規作成に関するポリシー

Amazonで販売していく上では、Amazonのルールに必ず従わなければいけません。 最近また新しいポリシーが出来ましたので、しっかり頭に入れておきましょう! ▼商品詳細ページ(ASIN)の新規作成に …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。