セカンドビジネス.com【リスク無しの輸入と輸出】

※年間数千の輸入品や輸出品の副業をやっている男が、いろいろと赤裸々に語ってみる|ω・)※

物販研究

ヤフオクから商品相場をチェックする方法

投稿日:

「トラックパッドを右手で操作するトラックパッドを右手で操作する」のフリー写真素材を拡大
今日は「ヤフオクから商品相場をチェックする方法」について、

解説していきたいと思います。

ヤフオクには「落札相場検索機能」というものがあります。

2014年3月18日からヤフオクの標準機能として利用できるものなので

すでに使ったことがあるという方も多いと思いますが、

この記事で詳しく説明していきます。

商品相場をチェックする方法

まずはヤフオクのトップページから検索したい商品のキーワードを

入力して虫眼鏡マークの検索ボタンをクリックします。

 

今回は話題映画の「シン・ゴジラ」で検索していきます。

 

 

 

検索結果ページが表示されたら、[落札相場を調べる]というリンクが表示されます。

こちらをクリックします。

 

 

 

ここで表示されるのが落札相場一覧です。

ここでは、直近落札120日分の商品を確認することができます。

※落札されなかったオークションは表示されません。

 

 

 

赤枠部分は、期間内(120日分)に検索したキーワードに該当する商品が何点落札されたかの件数と

落札価格の最安、最高、平均が表示されます。

 

 

 

ページ左側にある「検索条件」を選択すると、

カテゴリーなどの詳細な条件を設定して、商品を検索し直すことができます。

 

 

 

画像の赤枠をクリックすると、

「開始価格」「落札価格」「入札数」「終了日時」からソートして検索をすることができます。

 

 

 

さらに下記の赤枠部分には、検索したキーワードの第二検索ワードを表示してくれています。

ここからさらに絞り込んだキーワードで検索してみると商品を見つけやすいと思います。

 

 

 

ヤフオクの「落札相場検索機能」は手軽に使うことができて、

ちょこっと落札相場を確認したい時などは便利に使えるでしょう。

 

ヤフオクで商品を販売して利益を出したいと考えるのであれば、

この機能だけでは不十分なので、詳細な検索や商品リサーチができる

「オークファン」を利用するようにしてくださいね!

それでは本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

-物販研究

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

BUYMAで販売

BUYMAとは顧客が日本にいながら海外の製品を 買える事で支持を得ているサイトです。 実際に海外に住んでいる日本人が現地で買い付けを おこなっているケースもありますし、 もちろん日本にいながら海外のネ …

【輸入ビジネス】オススメ銀行口座一覧

インターネットでビジネスをするにあたって、必須となってくる銀行口座とはズバリ、「ネットバンク(ネット銀行)」のことです。 ネットバンクとは ネットバンクとは、オンライン上で決済ができる銀行のサービスの …

言語の壁

無在庫輸入ビジネスの場合、やり取りはほとんど英語、 もしくは製品を仕入れる現地の母国語になります。 多くの人がこの言葉の壁に阻まれて輸入ビジネスへの 一歩を躊躇する人がいます。 それ程悩みの深い部分で …

FBA料金シュミレーターの使い方と販売コストの計算方法

Amazonを利用して商品を販売するには、送料や手数料がかかります。 商品に対する経費(仕入れ代・送料・手数料等)をしっかり把握しておかないと せっかく商品が売れてもそれが赤字であれば損をしてしまいま …

資金繰りが心配…大丈夫です!

小資金からでも手軽に始められる ビジネスと聞くと最初から数百万円もの資金が必要だと思われるかもしれませんが、 個人輸入ビジネスは小資金(数万円ほど)でも始めることが可能です。   もちろん、 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。