セカンドビジネス.com【リスク無しの輸入と輸出】

※年間数千の輸入品や輸出品の副業をやっている男が、いろいろと赤裸々に語ってみる|ω・)※

物販研究

FBA料金シュミレーターの使い方と販売コストの計算方法

投稿日:

「オシャレなカフェで作業をするノマドワーカーオシャレなカフェで作業をするノマドワーカー」[モデル:大川竜弥]のフリー写真素材を拡大Amazonを利用して商品を販売するには、送料や手数料がかかります。

商品に対する経費(仕入れ代・送料・手数料等)をしっかり把握しておかないと

せっかく商品が売れてもそれが赤字であれば損をしてしまいます。

今回はFBA料金シュミレーターと販売コストの計算方法についてご紹介致します。

FBA料金シュミレーターとは?

Amazonが無料で提供しているツールの一つで

必要な数字を入力するだけで、利益や手数料を瞬時に計算してくれるツールです。

FBAでの出荷手数料は商品の大きさや重さによっても変わってくるので

手計算では間違いが起きる可能性もありますし、なによりかなり手間がかかります。

 

そこでこのFBA料金シュミレーターを使えば簡単に計算することが出来るのです。

更に、自社で発送した場合とFBAで発送した場合の

利益や手数料にどれくらいの差があるのかというのも確認することが出来るので

どんどん活用していきましょう。

 

FBA料金シュミレーターの使い方

※下記を開くとFBA料金シュミレーターが開きます。

https://sellercentral.amazon.co.jp/hz/fba/profitabilitycalculator/index?lang=ja_JP

【ASINを入力する】

FBA料金シュミレーターを開くと下記の画面が出てきます。

赤枠の中にASINを入力してください。

 

ASINは商品を識別する10桁の番号で、商品ごとに決められているので

商品を間違えることなく指定して入力することが出来ます。

 

商品名で入力しても良いのですが、間違った商品を選んでしまったり

思っている商品が出てこない場合もあるため、ASINで入力した方が確実です。

 

【販売価格を入力する】

 

ASINを入力すると上記のような画面が出てきます。

 

青枠で囲っている部分が商品の大きさと重さです。

ここに表示されるサイズでFBA(Amazonから出荷)手数料が変動します。

赤枠内に商品の販売価格を入力して、下の計算をクリックします。

 

【コスト算出】

次の画面で【出品手数料】と【FBA(Amazonから出荷)手数料】の欄に金額が出てきます。

 

この状態だとそれぞれ手数料の金額が分かれていますが

右側のグラフの【費用/コスト】欄に合算された手数料が出てきます。

 

ここで出てくる手数料には消費税が含まれていません。

 

今回、例として表示したPlayStation4を¥30897で販売した場合の手数料は

¥2758+税ということになります。

 

ASINとは?

ASINは「Amazon Standard Identification Number」の略で

CD、DVD、ビデオ、ソフトウェア、ゲームなど、書籍以外の商品の詳細ページに記載されている

商品を識別する為の10桁の番号です。

 

Amazonの商品ページを開いて、少し下の方へスクロールしていくと

下記の登録情報があるので、そちらで確認してください。

 

因みに、和書・洋書等の書籍のページにはISBNが記載されています。

 

ISBNとは、「International Standard Book Number(国際標準図書番号)」の略です。

書籍を識別する為の10桁または13桁の番号です。

 

 

販売コストの計算方法

利益=販売価格-仕入れ価格(送料+関税+輸入代行手数料)-出品手数料-FBA手数料-Amazonへの納品代

※Amazonへの納品代については、仕入れ元からFBA倉庫へ直送の場合発生しません。

 

FBA料金シュミレーターでコストが出せたら、この式に当てはめて計算を行います。

この式で計算をして、販売価格の方がプラスで残れば黒字ということになります。

 

販売価格は、Amazonで同じ商品を検索して出てきた金額を入力すれば大丈夫です。

 

FBA料金シュミレーターの使い方とコスト計算方法まとめ

ASINを入力する

販売価格を入力する

コスト算出

 

いかがでしょうか?操作方法に関しては特に難しい部分はなかったですよね?

 

慣れてくると、頭でざっと計算もできるようになってくるとは思いますが

最初のうちはこのFBA料金シュミレーターを利用して計算した方が簡単なので、
是非活用してください!

-物販研究

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

PayPalアカウントをebayにリンクする方法

今日は、「PayPalアカウントをebayにリンクする方法」を解説していきます。 ebayで商品を購入する上で、PayPalでの決済は、 安全な取引をするためにも必須と言えます。   商品が …

商品詳細ページ(ASIN)の新規作成に関するポリシー

Amazonで販売していく上では、Amazonのルールに必ず従わなければいけません。 最近また新しいポリシーが出来ましたので、しっかり頭に入れておきましょう! ▼商品詳細ページ(ASIN)の新規作成に …

【Amazon輸入ビジネス】おすすめの便利なツール

Amazon輸入ビジネスで活用できるツールは有料・無料含めたくさんあります。 作業時間の短縮化、効率化のツール 作業を自動で代行してくれるツール データ抽出・分析してくれるツール どれもうまく使えばと …

【Amazon輸入】キャッシュフローについて

Amazon輸入で長く稼ぎ続けるためには 数字管理がとても大切になってきます。 そのなかでも利益率の他にもう1つ 重要な項目が「回収率」です。 みなさんはこの辺しっかり取り組まれていますか? この回収 …

【輸入ビジネス】関税の調べ方と計算方法

今回は、このせいでなかなか輸入ビジネスの第一歩が踏み出せない、 という声が多く寄せられている件をお話しします。 ほとんどの人が、これまでまったく縁のなかった話、「関税」についてです。 関税とは、輸入し …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。